本文へ移動

日本赤十字社出水市地区

人間を救うのは、人間だ。

あなたのやさしさを赤十字に

 日本赤十字社の活動は、ボランティア、医療、救援活動、復興支援、献血など国内外で多岐にわたります。その活動は『会員』としてご加入いただいた皆さまからお寄せいただく「会費(活動資金)」と、広く一般の国民の皆さまからお寄せいただく「寄付金」によって支えられています。
 日本赤十字社出水市地区では、5月を赤十字会費増強運動月間と定め、自治会の皆さまをはじめ、関係各位のご支援・ご協力により、毎年多くの会費を納めていただいております。

赤十字会員とは

 日本赤十字社の事業を理解され、人道的な活動に賛同し、毎年一定額以上の赤十字会費(活動資金)のご協力をいただく方のことを赤十字会員といいます。
 赤十字会員には、個人・法人を問わず、どなたでもご協力いただけます。なお、年間2,000円以上のご協力をいただいた方は、希望者のみ日本赤十字社の運営参画の支援者として登録させていただき、併せて赤十字活動の機関紙「赤十字NEWS」などを送付しています。
金 額
種 類
摘 要
500円~
会員
目安として一世帯当たり500円以上
1,000円~
応能会員
・毎年1,000円以上納入かつ希望される方にはプラスティック製の門札を交付
・2,000円以上納入かつ希望される方には「赤十字NEWS」を送付
・多額納入いただいた方には称号、バッジ、陶器製門札を送る表彰制度あり
20,000円~
特別会員
受付時間
平日(月~金曜日) 8:30~17:15
受付場所
日本赤十字社出水市地区事務局
(出水市社協本所・各支所・市役所出張所)
アクセス
こちらからご確認ください
なぜ会費を集めているの?
赤十字会費はどのような活動に使われているの?

活動資金と義援金の違いについて

税制上の優遇制度

納入者が個人の場合

<特定寄付金>
 寄付金の全額(ただし、上限は寄付者の年間所得総額の40%)から、2千円を引いた額が、年間所得総額から控除されます。
<住民税にかかる寄付金控除>
 総務大臣が毎年告示する日赤の支部指定事業に対してなされる寄付金の全額(ただし、上限は寄付者の年間所得額の30%)から2,000円を差引いた額の10%が、年間所得総額から控除されます。
<相続税の非課税>
 寄付した相続財産の価格は、相続人の納めるべき相続税の課税価格に算入されません。

納入者が法人・団体の場合

<指定寄付金>
 指定された日赤事業に対してなされる寄付金の全額が、寄付金損金算入限度額にかかわらず損金の額に算入されます。
<損金算入限度額特例扱寄付金>
 寄付金の全額が、法人の通常有する寄付金の損金算入限度額とあわせて、別枠で算出した特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額が損金に算入されます。

 ※特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入
 通常の寄付金の損金算入限度額(イ)とあわせて別枠で算出した限度額(ロ)が損金に算入されます。
(イ)通常の寄付金の損金算入限度額
(資本金額等×当期月数/12×2.5/1000+所得金額×2.5/100)×1/4
(ロ)特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額
(資本限度金等×当期月数/12×3.75/1000+所得金額×6.25/100)×1/2

日本赤十字社の基本原則

人 道:人間のいのちと健康、尊厳を守るため、苦痛の予防と軽減に努めます。
公 平:いかなる差別もせず、最も助けが必要な人を優先します。
中 立:すべての人の信頼を得て活動するため、いっさいの争いに加わりません。
独 立:国や他の援助機関の人道活動に協力しますが、赤十字としての自主性を保ちます。
奉 仕:利益を求めす、人を救うため、自発的に行動します。
単 一:国内で唯一の赤十字社として、すべての人に開かれた活動を進めます。
世界性:世界に広がる赤十字社のネットワークを生かし、互いの力を合わせて行動します。

 日本赤十字社の使命を達成するために、世界中の赤十字が共有している7つの基本原則(赤十字の基本理念と行動規範)に従って行動することを明確に宣言しました。1965年にウィーンで開催された第20回赤十字国際会議で宣言され、1986年にジュネーブで開催された第25回赤十字国際会議で一部改定採択された「赤十字の基本原則宣言」をもとに、分かりやすく表現しました。

お問い合わせ

日本赤十字社出水市地区事務局(出水市社会福祉協議会)
事業課 TEL:0996-63-4180 FAX:0996-63-4190
高尾野支所管理課 TEL:0996-82-4850 FAX:0996-82-4266
野田支所管理課 TEL:0996-84-2066 FAX:0996-84-2399
出水市社会福祉協議会

〒899-0217
鹿児島県出水市平和町97番地
TEL.0996-63-2140
FAX.0996-63-8088


TOPへ戻る