本文へ移動

災害ボランティアセンター

災害ボランティアセンターとは

 災害ボランティアセンターとは、災害時に設置される被災地での防災ボランティア活動を円滑に進めるための拠点であり、近年では、被害の大きな災害に見舞われた被災地に立ち上げられ運営されます。
 災害ボランティアセンターでは、基本的に被災地が困っている問題を解決することが役割です。そのため、そもそも何が被災地ではニーズとして存在しているのかを見つけ、避難所の運営で人手が足りていないのか、被災した家で土砂を片付ける作業に人が足りていないのか、など被災地でのニーズを把握し、ボランティア活動によって被災された方を手助けする一連の役割を担っています。

災害への備え

・地域の防災訓練への参加
・災害時相互応援協定に基づく災害ボランティアセンター運営派遣
災害時に迅速かつ円滑に災害ボランティアセンターを運営していくために備えています

ボランティア活動保険に必ず加入しましょう

 ボランティア活動保険は、活動中のボランティア自身のさまざまな事故によるけがを補償します。 また、被災された方の住宅での清掃活動中、誤って被災された方が大切にしていた飾りや置物などを壊してしまった場合などの損害賠償責任も補償します。
 保険加入はボランティア自身への備えであるとともに、被災された方々が安心してボランティアに支援を依頼できる備えでもあります。必ずボランティア活動保険に加入ください。お住まいの地域(出発地)の社会福祉協議会で加入することができます。災害復旧作業に尽力している被災地の負担を少しでも軽減させるため、お住まいの地域での加入にご理解とご協力をお願いいたします。
 また、出発地の社会福祉協議会で事前に保険に加入しておけば、被災地までの移動における事故も補償対象となるので安心です。
 なお、「基本プラン」では、地震、噴火、津波が起因する死傷は補償されません。被災地での活動は、予測できない様々な事態が想定されます。あらかじめ「天災・地震補償プラン」に加入されると、より安心してボランティア活動に参加いただけます。 

お問い合わせ

本所(事業課) 0996-63-4180
出水市社会福祉協議会

〒899-0217
鹿児島県出水市平和町97番地
TEL.0996-63-2140
FAX.0996-63-8088


TOPへ戻る